MTFトランスガイド

埋没MTF当事者が綴る~性転換のヒント

サイトの更新情報をTwittterでつぶやいています。お気軽にフォローどうぞ!
@gid_mtf_guideをフォロー

保険適応されたMTFとFTMの性別適合手術にかかる費用

更新日:

loading view count...

この記事は約 4 分で読めます。

2018/3/5に「平成30年度診療報酬改定説明会」が開催され、正式に保険の点数が発表されましたのでまとめました。

重要: SRSは2018/04/1の保険点数の改定で保険適応になりましたが、保険外のものと保険適応のものの混合診療は禁止されているため、保険適応外のホルモン注射を受けている人はSRSが保険外になります。そのため2018年現在では性器に対するSRSは保険適応外となります。参考: GID学会:「性同一性障害診療における手術療法への保険適用」について

上記のことについて、わかりやすくまとめた記事を書きました。この記事を読む前にぜひ下記の記事を読んでください。

国内性別適合手術、保険適応半年経過した現在もホルモン治療との混合診療とみなされ保険適応の恩恵わずか

MTFに対する手術

Kコード術式名備考点数
K829精巣摘出術2,770
K825陰茎全摘術16,630
K818尿道形成手術前部尿道17,030
K851会陰形成手術筋層に及ばないもの2,330
筋層に及ぶもの6,910
K859造膣術遊離植皮によるもの18,810
腸管形成によるもの47,040
筋皮弁移植によるもの55,810

合計、一番価格の高い術式

  • 精巣摘出術
  • 陰茎全摘術
  • 尿道形成手術
  • 会陰形成手術 - 筋層に及ぶもの
  • 造膣術 - 筋皮弁移植によるもの

で99,150点です。1点は10円なのでこの術式だけで、10割負担で100万円ぐらい。3割なら30万円ぐらいです。

これに他の費用もかかりますので、合計、10割負担で160万円、3割負担で50万円と山梨医学部附属病院でSRSを予約した際に説明されました。

費用の詳細については保険適応前の情報ですが参考までに、MtF SRS @ 山梨大学医学部附属病院 1.0 ドキュメント » 手術にかかる費用についてを御覧ください。

FTMに対する手術

Kコード術式名備考点数
K865子宮全摘出術腹腔鏡下手術を含む28,210
K888子宮附属器腫瘍摘出術開腹によるもの17,080
腹腔鏡によるもの25,940
K819尿道下裂形成手術33,790
K819-2陰茎形成術52,710
K475乳房切除術6,040

合計、一番価格の高い術式フルセットやったとして、

  • 子宮全摘出術
  • 子宮附属器腫瘍摘出術 - 腹腔鏡によるもの
  • 尿道下裂形成手術
  • 陰茎形成術
  • 乳房切除術

で146,690点です。1点10円なのでこの術式だけで、10割負担で150万ぐらい。3割なら45万円ぐらいです。

MTFの場合と同様にこれに合わせて別に費用がかかります。FTMの場合は詳しくないので医療機関などに問い合わせてください。

保険適応されたことによるメリット

メリットとしては

  1. 限度額適用認定証が使える
  2. 自己負担が減る
  3. SRSの費用が全国統一される

このようなものがあります。ただし記事執筆現在では、

ホルモン療法は保険適用外のまま。保険診療と保険外診療を併せて行う「混合診療」では、すべて保険が使えなくなる。厚労省は、ホルモン療法を受けている人が性別適合手術を受けるケースが混合診療に当たるかどうか検討していた。
性別適合手術 ホルモン療法併用者「保険外」 厚労省方針(毎日新聞)

ということで、ホルモン治療をしている人は保険適応外なのでメリットとしては「SRSの費用が全国統一される」だと思います。

情報ソース

平成30年度診療報酬改定についての「第3関係法令等 →【省令、告示】(それらに関連する通知、事務連絡を含む。)→ (2) 1 診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示)→<第2章>手術」にあるPDF。

PDFへの直リン: http://bit.ly/2GNOVNp

  • この記事を書いた人

赤林檎

20代MTFトランスジェンダーです。将来的にタイで性別適合手術を受けたいと思っています。自分の性別移行をした経験を生かして性別移行をするためのノウハウを書いています

-ニュース, 性別適合手術(SRS)

Copyright© MTFトランスガイド , 2018 All Rights Reserved.