性同一性障害で初の保険適用手術

執筆者: アバター赤林檎

更新日:

loading view count...

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

この記事は半年以上前に更新されました。情報が古い可能性があります。

心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)の人に対する性別適合手術が今月、新たに公的医療保険の対象となってから、全国で初の保険適用となる手術が6日、岡山大病院(岡山市)で実施された。乳房を切除して女性から男性の体にする手術が近畿地方在住の20代に行われ、費用の自己負担は3割となった。

患者の大半がこれ(混合診療)に当てはまるが、今回の当事者はホルモン療法を始めていなかった。
性同一性障害で初の保険適用手術 岡山大病院、費用自己負担3割に: 山陽新聞 2018年04月07日 08時01分

胸オペだけですが、SRSで初めての保険適応がでましたね。内摘ではなかったのは、ホルモン無しでの内摘はホルモンバランスが崩れてしまうからでしょう。

とりあえず祝!!

追記:
混合診療についての解説記事を書きました。合わせて読んでください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

赤林檎

20代MTFです。将来的にタイで性別適合手術(性転換手術)を受けたいと思っています。 まだ性別適合手術(性転換手術)は終わっていませんが、現在完全に女性として埋没して働いてます。そんな自分の性別移行をした経験を生かして、性別移行をするためのノウハウをたくさん皆さんに提供します。

-ニュース, 性別適合手術(SRS)

Copyright© MTFトランスガイド , 2019 All Rights Reserved.