MTFトランスガイド

埋没MTF当事者が綴る~性転換のヒント

彼らが本気で編むときは、
サイトの更新情報をTwittterでつぶやいています。お気軽にフォローどうぞ!
@gid_mtf_guideをフォロー

「彼らが本気で編むときは、」の作品レビュー

更新日:

loading view count...

この記事は約 2 分で読めます。

この記事は半年以上前に更新されました。情報が古い可能性があります。

生田斗真(いくた とうま)がリンコという役名の完全埋没MTFを演じた作品です。3行で見どころをまとめると

  • 性別適合手術済みの社会へ完全に埋没したMTFの生活を観察できる
  • 完成度の高い生田斗真の見た目・声・仕草、すなわち女性としての演技
  • ロマンチックすぎないリアリティ重視のストーリ・世界観

です。以降、「彼らが本気で編むときは、」のネタバレ無し感想をまとめていきます。

予告編

おすすめポイント

一番は、完全埋没MTFの生活を観察できるだと思います。将来どんな生活をすると埋没できるのか、イメージを作ることができます。埋没MTFは埋没している故に会ったり観察したりすることができなかったりすることができないことが多いと思います。

でも、ドラマなら好き放題観察できる。何度でも見れる。

だから、おすすめします。人の人生や生活をを眺めるのってなかなかできない。でもできるんです。この作品なら。リアリティある、部屋の作り・雰囲気・セリフの間のとり方、台詞の間に自然に生まれてくる笑い声。どこを切り取っても好きです。

桜並木でマキオとトモ、リンコの自転車が競争するシーンでリンコが思わず地声で「うぉおおおおおおおお!」と叫んじゃうところとか、あるあるな感じでここも好き。

このシーンです。(※ツイートはマキオとトモだけ)

また、手術や整形を重ねたりお金を積んだりしても、どこをどうやっても、性染色体が男として生まれてしまった以上どこまでいっても自己満であるということが体感できます。言われただけじゃ、理解できない、実感できないところを知ることができる。

全体として登場人物が少ないところも見やすくていいです。個人的に登場人物が多いと誰が誰だかわからなくなってしまうので、その点も好きです。

まとめ

全体的にキリッと刺さる映画です。でも個人的にこれくらい刺さるぐらいのほうが現実味があって好きです。なんでも楽しくどんちゃか わーいで事が進むことはないと思うので。

一人で、心の余裕のある時に、ゆっくり、どうぞ。

  • この記事を書いた人

赤林檎

20代MTFトランスジェンダーです。将来的にタイで性別適合手術を受けたいと思っています。自分の性別移行をした経験を生かして性別移行をするためのノウハウを書いています

-作品紹介

Copyright© MTFトランスガイド , 2018 All Rights Reserved.