MTFトランスガイド

埋没MTF当事者が綴る~性転換のヒント

サイトの更新情報をTwittterでつぶやいています。お気軽にフォローどうぞ!
@gid_mtf_guideをフォロー

今すぐ簡単にできる性別適合手術(SRS)が未完了でも男性器を意識せずに生活する方法

更新日:

loading view count...

この記事は約 5 分で読めます。

MTFの人で普段生活していると一番気になるのが、やはり男性器のことだと思います。体の中のパーツで一番忌々しい・うざったい・存在を感じたくない・嫌悪感が激しい。そんな存在だと思います。今回は、その男性器を感じずに生活する方法を紹介します。

ざっくり言うと

  • 男性器がついていても意識せずに生活できる方法がある
  • スキニーパンツも履けるようになる
  • そのためにショーツを履こう

まずはボクサーパンツを履くのをやめよう

第一にこれ。ボクサーパンツを履くのをやめましょう。できることなら全部捨てましょう。なぜなら、あなたは女性です。女性は男性用のボクサーパンツを履きますか?いいえ、履きません。なので、女性用のショーツを履きましょう。そしてこれは後に書く男性器を意識せずに生活する方法に繋がります。大事です。

「ショーツを買うのが恥ずかしい、変態だと思われるかもしれない…」と思った方、大丈夫です、自分もそうでした。他人のショーツを盗めば窃盗罪ですが、お店でショーツを買う分には犯罪ではありません。現状でできるかぎりの女性の装いをしてショーツを買いに出かけましょう。おすすめは無印良品です。男女問わず利用する店ですし、敷居は低いです。

逆にまだパス度があやふやな時期に女性しか使わないような下着店におしかけるのはやめてあげてください。なぜならそこで利用している純女が怖がるからです。また無印良品にはネットショップもあります。もし、パス度が足りない・外に出る自信がないと思ったらネットショップおすすめです。

自分はおおよそ180cmぐらい身長があるので、体は一般の女性より大きいです。ですが、既成品のLサイズで自分は間に合っているのでこれくらい身長がある人でもLサイズ、LLサイズが市販されているということは覚えておいて損はないと思います。ちなみに西友でもLLサイズが売っていました。

さらに下着は服を脱ぐ機会がない限りまずわかりません。ブラジャーは形が変わるので性別移行が進んでいないと厳しいですが、ショーツはまず、わからないでしょう。QOLを向上させる道具の一つとして、ショーツ、履きましょう。

タックをしよう

以前、買おうかどうか迷った挙げ句、値段が高すぎて買わなかった商品があります。たしか6000円ぐらいはしていたはず…

これの商品説明から、方法をズバッと紹介します。要はこういうことです。
タックする方法

すなわち、この商品を使わなくても何らかの方法で男性器を下向きに押さえつければいいわけです。こうすることによりスキニーパンツを履いたときでさえも目立たなくなります。このように、男性器を目立たなく押さえつけることをタックといいます。

で、タックをする方法ですがなにかものがないと押さえつけられないので、ここで先程力説したショーツの登場です。方法は超簡単!ショーツを履きます。履くときに手で男性器を下向きに押さえつけながら履きます。終わり。シークレットショーツなんていりませんw 普通のショーツで完結です。

ただ、ショーツだと尿がショーツについて汚れてしまうので、パンティーライナーを使いましょう。具体的にはショーツがアンモニア臭を発するようになってしまったり、可愛いお気に入りのショーツだと汚れてしまって長く使えなくなってしまったりします。パンティーライナーを付けておけば、パンティーライナーが尿を吸収してくれるのでショーツが汚れることがありません。
自分は毎日使うので数があってコスパのいいソフィの「ふわごこち」をつかっています。

ただしホルモン治療をしていないか開始して間がなく、男性器があまり萎縮していない状態だと、上記の方法でタックをしても下向きに男性器を折り曲げるのが難しくタックをするのが難しいかもしれません。この方法を覚えたときはすでにホルモン治療をしていたので、ホルモン治療をしていない状態で、どうなるのかはよくわかりません。

さらに満員電車でもばれないタックの方法

上記の方法でも外からみる限りは、スキニーパンツを履いてもまずわかりません。しかし、ぎゅうぎゅうの満員電車で体が触れ合うような状態のときに、万が一股間に手があたってしまって男性器があることがばれてしまったらどうなるでしょうか。それが女性専用車両だったら大騒ぎになりますね。電車止まります。通勤時間帯の電車を止めてはいけません。

そこでソフィのサニタリーショーツを使いましょう。

サニタリーショーツとは純女が生理のときに使うショーツのことで生理用品の羽がしまえるように二重構造になっています。
サニタリーショーツ

おりものが漏れてこないように生理用品をつけるのですが、その際激しい運動をしたりしたときに生理用品がよれてしまったり、ずれてしまったりして横モレしてしまわないように、羽つきのものをつかうと純女は安心のようです。
詳しくはナプキンの羽根つきと羽なしのメリット・デメリットを読んでください。生理用品のことは覚えておくと純女に話を振られたときにテンパらなくていいと思います。

さて、なぜ生理のないMTFにサニタリーショーツを使うよう勧めているのかというと、サニタリーショーツは生地が2重になっており感触が分かりづらくなるからです。そこに生理用品をつければ3重、パンツやスカートを履けば4重になります。鉄壁。バレにくくなります。

あくまで、ばれない保証はいたしません。バレにくいであろうというHOW TOの記述になります。実行する際は自己責任に於いてお願いいたします。

まとめ

以上、赤林檎のQOLを爆上げした、通常の生活で男性器を感じずに生活をする方法の紹介でした。ぜひ、やってみてください。ほんとに、気持ちが楽になります。

  • この記事を書いた人

赤林檎

20代MTFトランスジェンダーです。将来的にタイで性別適合手術を受けたいと思っています。自分の性別移行をした経験を生かして性別移行をするためのノウハウを書いています

-トランスを始めたばかりの人向け

Copyright© MTFトランスガイド , 2018 All Rights Reserved.